歯科技工所ソフト「DenTechOA」 添付シール(2種)の印刷

  • 2012年12月15日(土) 15:27 JST
歯科技工所ソフト「DenTechOA」Ver1.0.2.0 から技工物に添付する目的の「添付シール印刷」機能を追加しました。
本システムの納品書は複数の受注案件をまとめて発行するのに適しています。本来は1納品書/1技工物で発行すべきかもしれませんが、発行数の増大やそれに伴う煩雑さを回避するため、「技工物」の納品時に添付する管理シールをリリースする事にしました。
技工物の納品時には「添付シール」で確認いただき、納品書は纏めて発行する事で省力化がはかれるのでは、と思います。



受注入力後、当日発行分に対し適時「添付シール」を印刷
受注入力、添付シール発行






2種の添付シールから選択します。

市販の宛名レベル(12面、2列×6段)を選択した場合は
上余白、左余白、中余白を設定します。
各値は購入した宛名ラベルの説明を参照してください。
初期設定は「エーワン28915」に合わせています。
宛名ラベルは、前回印刷の残りラベルを指定して
印刷する機能もあります

プリンタの選択機能も今回追加しています。

 



A4汎用紙を使用した8面添付シール
DenTechOA歯科技工録


山折にし、たたむとコンパクトになります。
切り取り用の位置も印刷されます。

お手数ですがカッターナイフ等でカットして下さい。






市販宛名ラベル12面(2列×6段)を利用した添付シール
DenTechOA12面宛名シール


余白の設定により12面系(2列×6段)の
各種宛名シールに対応可能と思います。