歯科医院向け、歯科技工「見積書」作成機能  《DenTechOA2》

歯科医院向けの「見積書」を作成。印刷を行います。 ・・・ この機能は「DenTechOA2」で提供されます。


この機能は「DenTechOA2」Ver1.0.1.0 からリリースされています。



「DenTechOA2」 Ver1.0.1.0 メニュー画面


メニュ-から「見積書作成」を選択します。


Ver1.0.1.0 から「見積書作成」ボタンと
「月別売上予定表」ボタンが追加されました。






見積書作成・印刷設定画面


右側のタブの「動作設定」を選択します。


「操作設定」を設定します。
 設定内容は、受注伝票入力と同じです。


「見積書の帳票選択」を設定します。
 既定帳票は「A5版×2枚」が選択されています。
 「A5版×2枚」帳票(最大16行)で明細行数が不足する場合は、
 都度、「A4版」(最大32行)を選択します。
 「A4版」の場合は「控え」の印刷指定ができます。

「見積書に顧客住所の印刷指定」で見積書に顧客住所を
 印刷可能です。
 住所を印刷する場合は「長型3号窓付き封筒」を利用できます。







見積書作成画面


見積書の明細入力は「受注入力」と同じ操作となります。


必要であれば、「見積有効期限」を設定します。

「登録・更新」ボタンで作成または更新します。

「続けて作成」ボタンで連続入力・作成ができます。

「見積書印刷」で見積書の作成(印刷)を行います。

「受注伝票化処理」ボタンで表示されている見積書を
 受注伝票として作成します。

「この見積書を削除」ボタンで表示されている見積書を削除します。

「作成済見積書一覧」は作成されている見積書を全て表示します。
 *多くなりすぎた場合は適時削除してください。

 



見積書「A5版×2枚」印刷サンプル


上記作成画面の表示内容で印刷したサンプルです。


「正」と「控」をA4帳票に印刷します。
中段の切り取り線でカットしてご利用ください。


*長型3号窓付き封筒が利用できるフォームとなります。



見積書「A4版」印刷サンプル


上記作成画面の表示内容で印刷したサンプルです。


上の、「A5版×2枚」(最大16行)で不足する場合は
この帳票をご利用ください。
最大32行印刷可能です。


*長型3号窓付き封筒が利用できるフォームとなります。



|