DenTechOA2の概要

◎ DenTechOA2 概要メニュー


歯科技工所のOA化をお手伝いする「DenTechOA2SA」 ~ 納品書・請求書・合計請求書の作成をご支援します


歯科技工所ソフト「DenTechOA2SA」 メニュー画面
DenTechOA2 メニュー

   《主な仕様や便利な機能》
  ・医院毎、技工士毎の管理・グラフ分析
  ・医院別材料(金属)使用量管理・グラフ分析
  ・個別サービス別売上分析機能
  ・請求書毎の利用サービス(技工物・材料)実績一覧表
  ・請求書ベースの売上予定額確認と帳票印刷

  ・受注伝票に3件までの複数技工物を入力・管理
  ・入金残高管理で「領収書」の印刷
  ・系列医院グループ内での預かり金属の一元管理
  ・預かり票と利用明細票の印刷
  ・見積書の作成・印刷
  ・納品書、請求書の「窓付き封筒」対応と「ロゴ」印刷

  ・「月別売上予定表」の印刷(請求額ベース)
  ・発送・納品管理、 週間/月間作業予定表

  ・プログラムや帳票を最新版に更新するツール



受注入力 ~ 技工料、材料メニューからクリックで簡単伝票作成。
DenTechOA2 受注伝票作成
部位の入力は「部位入力パッド」から簡単に入力できます。
数量の入力は「数量入力パッド」から簡単に入力できます。

右の医院(顧客)別「技工料・材料」料金表よりワンクリックで
技工製品や材料(金属)を簡単入力できます。
預かり材料については都度「残量」を表示、残量更新します。

預かり材料の残量報告を「納品書」・「受注一覧表」の
該当行備考欄に印刷します。

当日作成の伝票一覧が表示されます。(画面左下)
「一覧印刷」ボタンで当日受注伝票一覧を印刷。
「添付シール印刷」ボタンで技工製品の添付シールを印刷します。
シールは8面普通紙か市販の12面宛名シールを選択します。



伝票管理 ~ 作成済入力伝票や納品書、請求書伝票の管理画面
DenTechOA2 伝票管理

伝票のタイプは背景色で識別表示しています。

受注伝票から納品書、請求書伝票を生成します。

「詳細」ボタンで伝票の照会・更新を行います。
受注伝票をクリックで明細を表示・確認ができます。
納品書、請求書の選択で構成受注伝票を
カラー表示(赤色)し確認ができます。


右下の技工録作成・印刷で「技工録」の作成・印刷を行います。
同じく、右下の画像管理で技工物の画像を管理します。



入金・請求残管理 ~ 年度、医院毎に請求残高確認ができます。
DenTechOA2 入金・請求残管理

期首残高入力、入金、調整・値引きの各入力が出来ます。

年度更新処理で当年残高を翌年の期首残が管理されます。



*請求書の生成時点で請求情報が登録されます。
  その後、入金額と必要があれば調整額の登録を行います。

*入金額に基ずく「領収書」の印刷ができます。
  登録の際は、本システムでの日付の管理に準じてください。
  適切に運用すると月間売上実績一覧の印刷やグラフによる分析がきます。



技工料・材料の管理 ~ 医院(顧客)毎の単価管理を行います。
DenTechOA2 技工料・材料管理
●技工料・材料メンテナンス:
 技工料・材料の登録、変更、表示順の管理を行います。
 基本マスタで使用する技工料・材料の登録を行います。
 さらに、顧客毎の技工料・材料の変更も可能です。

●技工料・材料マスタのコピー:
 基本技工料・材料から医院(顧客)毎のマスタへコピーします。
 基本マスタから顧客毎の技工料・材料へコピー(生成)します。

●医院(顧客)毎単価登録:
 技工料・材料の医院(顧客)毎の単価を登録します。
 顧客毎に単価を設定できます。

●区分マスタの設定:
 8つの分類が使え、それぞれ「自費」「保険」「材料」「預かり材料」の区分を設定します。





売上分析例(1) ~ 医院(顧客)や技工士毎の売上分析を行います。
DenTechOA2 2Dグラフ分析
DenTechOA2 3Dグラフ分析
●分析したい医院又は担当技工士を選択し「グラフ表示」ボタンで表示します。

 ・棒グラフ・・・(左の画面例)
 ・折れ線グラフ
 ・円グラフ(年間売上)

●「3D表示」のチェックを入れると3D表示され表示角度の調整ができます。



●「グラフ印刷」ボタンで表示中のグラフを印刷します。
 プリントダイアログが表示され用紙の設定を行った後、印刷します。


●「印刷」ボタンで「月間売上実績一覧」を印刷します。


●「CSV出力」ボタンで「月間売上実績一覧」のCSVファイルを出力します。




顧客(医院)別と担当技工士別の選択ができます。こちらの説明も参照してください。





売上分析例(2) ~ 個別サービス別(技工製品や材料)毎の売上分析を行います。

選択されたサービスの利用実績を月毎に
「件数」「数量」「金額」で表示されます。

同時にグラフ表示されます。
グラフ表示の対象を「件数」「数量」「金額」の中から
選択できます。

「棒グラフ」「折れ線グラフ」の選択が可能です。

「3D表示」のチェックを行えば3D表示に切り替え、
さらに表示角度の調整も可能です。




詳細はこちらの説明も参照してください。


|