DenTechOA変更履歴

「DenTechOA」歯科技工所システム 変更履歴 ~ 最新版でご利用頂く様おねがいします。

ご利用中のバージョンに該当する変更履歴を参照し、「プログラムの入れ替え」や「印刷フォームの入れ替え」を行ってください。


リリースVer変更内容
2016/03/31
1.0.5.2
   ************************************************************************************************************
   ***   開発環境やツール等が古くなった為、このバージョンで「DenTechOA」のリリースを停止しました。   ***
   ***   サポートは、平成29年3月末 まで行う予定です。 ご了承ください。               ***
   ***   今後は、上位バージョンの「DenTechOA2SA」だけのリリースとなります。            ***
   ************************************************************************************************************


   *上位システムへの移行を検討される場合は、ご利用中のデータベースの移行ができます。
    「DenTechOA2SA体験版」でご確認ください。

    移行操作の詳細は
「DenTechOAシリーズ データベース上位変換マニュアル 」を参照願います。


リリースVer変更内容
2015/11/02
1.0.5.2 (1)合計請求書の表紙に印字される「値引き」欄が、先頭行の伝票合計が「0円」(再製等で調整)の時印字されない。
  また、技工料も集計されないバグを修正。(請求額については影響ありません)   ・・・ご指摘により対応

2015/10/24
1.0.5.1 (1)歯科技工録の「歯冠補てつ」と「最終点検」の担当者の選択ができない場合があるのを修正。   ・・・ご指摘により対応
2015/08/02
1.0.5.0 (1)納品書や請求書印刷時に「控え」だけ印刷できる指定に変更した。 ~ 「正本印刷」・「控え印刷」の指定方法に変更。・・・ご要望に対応
2015/06/28
1.0.4.9 (1)「伝票入力」画面で明細を入力する時、「Enter」と「Tab」に加え、数値入力後の「→」・「←」・「↑」・「↓」でも入力完了とする様に変更した。
(2)「伝票入力」画面で「続けて作成」ボタンで、次の伝票を入力する際に、前の伝票で入力した「セット日」をクリアしない設定を設けた。
  設定方法 ⇒ 同画面の「動作設定」タブの"「続けて作成」時にセット日をクリアしない"にチェックを入れる。
   ・・・上記2件とも、ご要望があり対応した。
2015/02/17
1.0.4.8 (1)「伝票入力」画面-「動作設定」タブの「納品予定の自動入力」で数値以外が入力された場合、次の起動でエラーになるバグを修正。
2015/01/20
1.0.4.7 (1)請求書印刷の際「前回ご請求額」と「ご入金額」が印字されない場合があるバグを修正した。
  本件は顧客の締日が末日以外で且つ年度の変わり目で発生します。(集計範囲のミス)

  《注意事項》今回の修正で集計方法を変更しましたが、「入金」「調整」「値引き」を都度入力せず、「機首残高」で調整している様な場合は
          金額が集計できず、前回ご請求額(残高)が予期した金額になりません。   
2015/01/16
1.0.4.6 (1)「伝票入力」画面の右側、技工料・材料マスタの表示で、自社材料(50)の残量表示が正しくないのを修正した。
  本件は表示だけの問題(修正ミスによるデグレード)で、材料管理自体は問題ありません。
2015/01/05
1.0.4.5 (1)誤操作での「DenTechOA」フォルダごとの削除に対応するため、「マイドキュメント」配下に「DenTechOA_BackupDB」フォルダを生成し、
  「メニュー画面」を終了するときにデータベースを自動保存(最新の14件)するようにした。
(2)年度の変わり目時期に、納品書を印刷するとき、預り材料の残量印字が最終残量になる事があるバグを修正。
  昨年度に作成した受注伝票の納品書を今年度に作成・印刷するケースで発生する。
Verリリース変更内容
1.0.4.42014/12/22
(1)直前のバージョンでの修正において、 「システム環境設定」の「システム設定」タブの「印刷項目名」設定欄を廃止し、項目名を固定化したが、
  「伝票入力」画面の伝票明細の項目名固定化がなされていなかったのを修正。 ==> 「RFU」と表示されていた。
(2)未請求受注伝票チェックの警告表示にタイトルが重複で表示されていたのを修正。


  ⇒Ver1.0.2.3 以前をご利用中の方は Ver1.0.2.4 の入れ替え手順で入れ替えを行って下さい。
1.0.4.32014/12/17
(1)「システム環境設定」の「システム設定」タブの「印刷項目名」設定、および、「認証コード登録」タブの「カストマイズ認証コード」欄を廃止した。
(2)「システム環境設定」の「システム設定」タブのに「未請求伝票のチェック」を新設した。有効に設定すると、メニュー起動時に医院毎に
  締日毎の期間(締日が25日の例:2014/10/26-2014/11/25)の未請求受注伝票をチェックし、存在すれば警告の表示を行う。
      ⇒ 「請求漏れを無くしたい」というご要望の対応として実施。
(3)「技工料・材料マスタ管理」の「技工料・材料メンテナンス」タブでマスタの一覧表を印刷するとき、医院(顧客名)が15桁以上になると
  印字がずれる現象の対応を行った。    ⇒  「印刷フォームの入れ替え」が必要。
(4)「受注入力」画面のカレンダーによる日付入力で、前の伝票で入力した日付と同じ日付を選択すると日付が表示されない現象の対応を行った。
(5)「受注入力」画面の預かり材料残量表示で「材料在庫管理」で登録した「返却」が正しく計算されず残量が合わないバグの対応を行った。
(6)「バックアップ・運用保守」の、「DenTechOA2」用のデータベースへの変換機能に、追加された各種機能(下記)の移行ロジックを追加。
  また、「DenTechOA」の後継システム、「DenTechOA Ver2」用のデータベースへの変換機能を新設した。
     ⇒ 税の履歴管理、納品書残量印字の選択、締日チェック(未請求伝票の警告)の選択、移行先タイプの選択、等の対応
1.0.4.22014/11/01
(1)印刷時に「印刷プレビュー」を選択可能とした。 選択時のプリンターへの印刷は「印刷プレビュー」画面の印刷ボタンから行う。
(2)「伝票管理」で伝票を選択する時に、従前は左端の「選択」列のチェックボックスをクリックする必要があったが、右端の「開く」列以外であれば
  チェックを有効とする様に改善した。 また、選択伝票数を別枠で新設し表示した。
    ⇒ 「チェックボックス(☑)を大きくして欲しい」というご要望の対応として実施。
1.0.4.12014/09/09
(1)「バックアップ・運用保守」の、「DenTechOA2」用のデータベースに変換機能に、新機能の
  ①「技工士別売上分析」の対応・・・と、  ②系列医院グループでの「預かり材料の一元管理」の対応・・・を行った。
(2)「顧客別売上分析(グラフ)」のグラフ描画でリストボックスの中途で無指定の顧客があった場合選択ミスが発生するのを修正。
  また、グラフ描画を「グラフ表示」ボタンで開始していたのを、描画項目や描画条件選択時に自動描画する様に変更。
(3)「入金・残高管理」で金額を修正する時に、入力済の金額の3桁区切りの「,」を除いて表示する様に変更。
  また、入力時には3桁区切りの「,」は無視する様に変更。
(4)「バックアップ・運用保守」に「データベースの整理・最適化」タブを新設し、「過年度データの削除」・「データベースの整理」・「元に戻す」・
  「削除(ゴミ箱へ)」ボタン設けた。
  デモデータ等の過年度分の「ごみ」データが気になる方は、当該年度中に実データの混在(登録)が無ければ削除する事が可能。
(5)「顧客情報管理」の医院(顧客)一覧リストに、顧客コードを顧客名と共に表示していたが、表示しないように変更した。
  また「更新モード」/「登録モード」の表示をわかり易い様に変更した。
(6)「メニュー」画面のボタンレイアウトを変更した。
(7)前のVer1.0.4.0で「受注入力」で受注日と起票日の入力項目の配置を変更したが、操作上、使い難いとの指摘があり、元に戻した。
(8)「技工録管理」で評価担当者名を、有床義歯・歯冠補綴・最終点検毎に入力できる様にした。
1.0.4.02014/07/14
(1)税率管理で過去2回までの税率改正を日付で管理するようにした。「システム環境設定」の「システム設定」タブから設定。
(2)「受注入力」で「この伝票を削除」ボタンで伝票を削除したとき、本日作成伝票リストの先頭伝票を表示する。リスト上に伝票が無い場合は
  新規入力状態にする様に変更した。
(3)「受注入力」で受注日と起票日の入力項目の配置を変更した。(日付順に並ぶように・・・。)
(4)「バックアック・運用保守」で「DenTechOA2」用のデータベースに変換する際、伝票作成者を「管理者 太郎」とする様に修正した。
  なお、職員名は「管理者 太郎」のほか、「技工士 次郎」「事務 花子」が登録されるので、運用の際は適時変更が必要。
(5)メニューの「月別売上実績表」ボタン名を「顧客別売上分析(グラフ)」に変更し、グラフ分析描画・印刷機能を追加した。
  使用できるグラフは、棒グラフ・折れ線グラフ・円グラフの3種とそれぞれの3D表示選択も可能。
(6)「伝票管理」で請求書や合計請求書を生成した時に、「入金・残高管理」へ請求額を自動登録するように変更した。
  (従前は「請求登録」ボタンで手動登録) ・・・・・ 関連して「請求登録の状態」表示と「登録削除」「請求登録」ボタンを削除した。
1.0.3.92014/06/04
(1)「受注入力」の数量入力で数値以外(例:「.」ピリオド)が入力された場合再表示でエラーになる対応を行った。
(2)「受注入力」の数量欄、単価欄、備考欄の入力操作を改善した。
(3)「受注入力」の画面レイアウト変更。  ⇒ サービスマスタの表示域をやや拡大。
(4)「伝票管理」で納品書印刷の際、材料の残量を印字する(既定)/しないの設定を「システム環境設定」-「システム設定」で行える様にした。
(5)このバージョンから「バックアック・運用保守」で「DenTechOA2」用のデータベースに変換する機能が利用できる様にした。
  詳細は「DenTechOA2」の操作マニュアルをダウンロードし、「付録C」を参照。
1.0.3.82014/04/20
(1)「合計請求書」「請求書」の生成で該当受注伝票の消費税の再計算を行ったため旧税率の伝票が新税率で更新されるミスを修正した。

   大変申し訳ありませんが該当する受注伝票を更新(正しい税額に)し再度、納品書、合計請求書を生成していただくことになります。
    (1)念のため、データベースをバックアップする
    (2)該当する納品書(本来5%の納品書)、請求書、合計請求書を削除する
    (3)税率を5%に戻す
    (4)該当する受注伝票を更新する。(数量を同数で再入力等で税額表示が更新されます)
    (5)5%の納品書を生成する
    (6)税率を8%にする
    (7)8%の納品書を生成する(必要があれば)
    (8)合計請求書を生成する

(2)「請求書」、「合計請求書」の控えの帳票が複数ページであるにも関わらず、1ページしか印刷されないバグを修正。
1.0.3.72014/04/01
(1)「合計請求書」等の印刷で「YYYY年MM月分」の印字が正しくない場合がある。
   締日の管理で顧客(医院)の締日を基準にすべきところ、ユーザーの締日を基準に「YYYY年MM月分」を求めていたミスを修正した。
1.0.3.62014/04/01
(1)「受注入力」画面で納品済の伝票を表示する場合(照会目的で表示する場合など)は税額計算を行わない様にし、
   税率変更前の税額を表示する。・・・従前は表示の都度計算していたため納品済の伝票の税額が新税率で計算・表示される事の対応。
   ただし、伝票を修正した時は、伝票の合計額を計算し、設定された税率により税額を再計算する。
(2)「詳細設定」画面で「自費」、「保険」毎の税額を表示するようにした。 税抜き合計額の右側に表示項目を追加した。
(3)「詳細設定」画面で【「控え」も印刷】の制御を「伝票管理」画面と同様にした。・・・Ver1.0.3.5の(1)項と関連。
1.0.3.52014/03/20
(1)「伝票管理」の印刷処理で「控え」伝票も同時に印刷できるようにした。
(2)「技工録管理」の文字入力項目で「入力候補選択」ボタンを使えるようにした(以前は、ボタンだけで機能していなかった)。
(3)「技工録管理」で画面レイアウトや各種日付表示の見直しを行った。
(4)「伝票管理」で納品書や請求書等の印刷で長い技工製品名の時は末尾をカットし、「・・」を付加し印字乱れの対策を行った。
(5)「メニュー」画面に「変更履歴の照会(インターネット)」ボタンを設け、「DenTechOA」の変更履歴(このページ)を直ぐに参照できるようにした。
(6)「技工料、材料マスタ管理」で備考欄を未入力状態で新規登録するとエラーになる対応を行った。
1.0.3.42014/02/10
(1)週間および月間の作業予定表をリリース。 指定された日付を含む週または会計月の納品予定日を基準とした作業予定表を印刷。
   「納品予定日」を基準に印刷するので、納品予定日の指定がある受注伝票が対象となる。
(2)簡易ネットワーク対応の「DenTechOA2」のリリース(予定)に先立ち、現行バージョン「DenTechOA」の「バックアップ・運用保守」に
   使用中のデータベースを「DenTechOA2」用にコンバート(変換)する機能を追加。
   変換後「管理者」の登録と顧客毎の帳票設定の見直しが必要。( ⇒ 「DenTechOA2」上で作業)
(3)「伝票管理」で検索後の表示伝票数を「受注伝票」、「納品書」、「請求書」に分類して表示するようにした。また、表示桁数を拡大した。
(4)「伝票管理」の「選択」チェックで「納品書」「請求書」「合計請求書」を選択した時、画面右側の明細表示枠に件数を表示するようにした。
(5)新税率の対応について、「納品書」生成時点で、設定された税率に基づく消費税額の再計算を行う様にした。詳しくはこちらを参照。
(6)「顧客情報管理」で全ての顧客を削除した後、新規登録で顧客コードが自動登録されないバグを修正。
(7)「預かり票・使用明細表」で受注伝票の明細で材料の使用量をマイナス(-)で入力した伝票が表示されないバグを修正。
   ⇒使用量がマイナスの伝票は修正・再製伝票となるが、従前はマイナス入力を想定していなかった。
(8)「納品書」の印刷時に「患者名」の桁数が8桁以上の場合、印字枠内に収まらず印字が乱れるので8桁目移行を「..」で省略し、
   印字するようにした。
(9)「伝票管理」の伝票検索で「納品予定日」を基準日として追加。「納品予定日」が選択された場合は「受注伝票」だけを表示する。
  また、基準日の「請求日」を「納品日or請求日」に名称変更し、それぞれ該当する伝票を表示する。
  更に、
   ・「納品予定日」「納品日」が選択された場合は、「納品日」が未設定(=「未納品」)の受注伝票も以下の条件で表示するようにした。
   ・「納品日or請求日」が選択された場合は、「請求日」が未設定(=「未請求」)の受注伝票も以下の条件で表示するようにした。
     ⇒【条件】「未納」または「未請求」で、且つ、起票日が指定年度の「期首」から「表示月の終了日」以前の受注伝票。

(10)「伝票管理」で「表示会計年月」と「表示範囲」をグループボックス「伝票表示期間」内に移動した。
(11)各画面表示されている(主に受注伝票の・・)「作成日」の表記を「起票日」に改めた。
(12)「技工料・材料マスタ管理」でマスタの印刷機能を追加した。選択された「基本マスタ」や「顧客(医院)毎のマスタ」を印刷。
   印刷サンプルはこのページの「帳票サンプル」タブを参照。
1.0.3.32014/01/09 (1)ガイドメッセージに一部「納品書」を「納付書」と誤記していたのを修正。
(2)「技工料・材料マスタ管理」の「医院(顧客)毎単価登録」で顧客マスタの登録件数が1件だけの時エラーになるバグの対応。
Verリリース変更内容
1.0.3.22013/12/27
(1)「受注入力」画面の明細行の材料について使用量が「0」の場合背景色をピンク色で表示する。
(2)「入金・残高管理」の年度更新処理でエラーになるバグの対応。
(3)「伝票管理」の表示対象の「年度」の選択を翌年まで可能とした。(年度末時点で締日の翌日以降の表示を可能とするため)
(4)「入金・残高管理」で実績をすべて削除した場合、起動時エラーになる対応。(実績が無いため対応年度の検出ができないため)
   まれなケースと思われるので同一バージョンで対応した(2013/12/22 ⇒ 12/27)。
1.0.3.12013/10/04
(1)「伝票管理」画面のレイアウトを変更(Ver1.0.3.0)の修正対応。
  ・「未納品書伝票」を検索するとき、検索対象に漏れがあった。
(2)不意の操作でフォーム(操作画面)がディスプレイ領域から外れる事が稀にあるが、
  外れた場合ディスプレイ画面内に収まる様に修正した
1.0.3.02013/09/26
(1)「伝票管理」画面のレイアウトを変更《詳細は下記》。
 ・「未納品書伝票」を検索するとき「納入予定日」を優先し、同入力が無い場合は
  「作成日」を検索対象日とする(従前)様に変更した。(「納入予定日」の入力を推奨)
 ・伝票の選択(チェック)で表示する当画面の「詳細情報」は「詳細」ボタンで開く「詳細設定」画面の情報と
  重複する為削除した。
 ・「表示基準日」の内、「未納品伝票」と「未請求伝票」を「患者氏名検索」と併せ、新たに設けた
  「伝票検索」枠に移動した。また、選択をボタンに変更した。
 ・「表示基準日」⇒作成日・納品日・請求日の選択設定を、変更の都度、記憶するようにした。
 ・「選択」をチェックで該当伝票の詳細情報を表示(新設)するようにした。
  (従前は行クリックで小ウインドウで表示していた)
1.0.2.92013/08/29 (1)「受注入力」画面で納品書未発行の伝票を開くと「納入予定日」が表示されないバグを修正。
  ⇒Ver1.0.2.6(2)と同様のバグで、対応にミスがあった。

(2)「受注入力」画面で「本日作成伝票」の「一覧印刷」ボタンと「添付シール印刷」ボタンで患者を選択し
  印刷できるように改善した。(画像参照
(3)上記に関連し、「明細行」の表示を15行⇒12行とし、13行からはスクロール表示するようにに変更した。
  空いたエリアを「本日作成伝票」欄の表示領域として拡張した。
(4)同様に、「本日作成伝票」欄の表示項目に「納入予定日」を加え、表示順の選択を「作成順」、「顧客順」、
  「納入予定日順」(追加)とした。
(5)「納入予定日」の入力を推進・簡便化するため「受注日」に指定日数(「動作設定」タブで設定)の加算で、
  自動入力できるようにした。更に、「土日曜を除く」、「日曜を除く」設定も設けた。(画像参照
1.0.2.82013/07/25 (1)各画面の最小化ボタン(画面右上)等に関わる操作で画面が表示領域から外れる事があるため
  同ボタンを無効にした。 同ボタンの操作以外でも発生する可能性はあるが、対処の方法はこちらを参照。
(2)「伝票管理」で患者検索機能を追加した。患者氏名の一部を検索キーとして入力し検索ボタンで
  当該患者を検索し表示する。検索範囲はすべてのデータが対象で医院毎の絞り込みができる。
(3)改善依頼があり、「受注入力」画面で「単価」の変更入力を可能にした。 単価の種類が多く、マスタの
  単一単価で対応できないとき、伝票毎に単価を変更して入力。(通常は単価毎にマスタを作成)
1.0.2.72013/07/19 (1)直前のバージョン(v1.0.2.6)で金融機関振込みを使用しない文言設定を設けたが、
  文言が未設定の場合、請求書印刷でエラーになる。
(2)金融機関《1》が選択されていない場合、金融機関振込みを使用しない設定とみなしていた。
  (本来は金融機関3行とも選択されていない場合金融機関振込みを使用しない文言を印字する)
1.0.2.62013/07/04 (1)「入金・残高管理」と「材料在庫管理」で金額欄、数量欄に数値以外の入力に対し警告を出すようにした。
   従前は数値以外が登録でき、数値以外を登録した場合は表示時点でシステムエラーとなる。
(2)「受注入力」画面で入力済の伝票を開くと「納入予定日」が表示されないバグを修正。
(3)「納品書」の印刷で印刷フォームの最大行数に件数行が一致するときエラーになるバグを修正。
(4)金融機関振込みを使用しない文言設定を設けた。「顧客情報管理」で金融機関のチェックを全て外し、
  「システム環境設定」-「文言集」で文言(新設)を設定します。
1.0.2.52013/04/24 (1)材料と預かり材料の計量精度を小数点以下2位まで表記・印字する設定を設ける。
   既定値は、小数点以下1位までを表記・印字。
(2)「受注入力」画面の「数量入力パッド」を電卓様式に変更し、自由入力とした。
   小数点を含め6桁まで入力が可能で、入力後指定桁を四捨五入し「数量」欄に表示する。
(3)上記(1)項に関連して納品書等、各種帳票の「数量」欄の幅をを少し拡張・調整した。

(4)「受注入力」で明細行が未入力の状態で「登録・更新」ボタンを押すとシステムエラーが表示される
   バグを修正。 ⇒ 「明細行が未入力」のメッセージを表示し、入力を促す様に修正。
(5)上記に関連し、「受注入力」の明細行入力でキーボードからの入力を「数量」欄と「備考」欄に限定した。

(6)「伝票管理」の日付管理に於いて、請求伝票を削除し再生成した時に、請求日を変更したにも関わらず、
   次回の請求時点で、前回請求日が削除した伝票日付のままになってしまうバグを修正。

(7)「請求書」や「合計請求書」の印刷で金融機関の振込を伴わない顧客については振込先を印字しない
   設定を設けた。 ⇒設定は、「顧客情報管理」で振込先の設定で金融機関3行ともチェックを入れない。
1.0.2.42013/03/15



(1)「システム環境設定」-「システム設定」タブの「開始日・締め日」の入力で、入力漏れや
   誤入力の対策として、「既定値」を設定する様に変更。(既定値~開始日:1月、締め日:末日)
(2)「技工料・材料マスタ管理」画面で「技工料・材料マスタのコピー」タブで「追加・更新」モードでコピーする
   動作モードを追加。 ⇒ 追加された技工料・材料だけ選択してコピーする事が可能となった。
(3)「技工料・材料マスタ管理」画面に於いて、画面の拡大化やレイアウトの変更を行った。
(4)「DenTechOA」メニュー画面の起動時に、「DenTechOA入れ替えツール」のバージョンをチェック。
   最新版がある場合はガイドメッセージ(青字)を表示し、更新を促す様に変更した。
   ⇒更新操作は「バックアップ・運用保守」-「入れ替えツールの更新」ボタンで行う。
(5)「受注入力」画面の「一覧印刷」ボタンと「添付シール印刷」ボタンで印刷する際、印字される日付が
   「納品日」になっていたのを「納入予定日」に変更した。
    ⇒前のバージョン(V1.0.2.3)での修正の際、「納品予定日」と「納品日」の管理を分けたが、
    印刷項目が「納品日」のままになっていた。
  《補足説明:「納品予定日」と「納品日」の管理を分けた件》
  従前:受注伝票入力時の「納品予定日」と、納品書発行時の「納品日」は同一項目で、上書きされていた。
  改善:「納品予定日」と「納品日」を別項目に分けそれぞれ管理する様にした。



(6)「DenTechOA入れ替えツール」で入れ替え後に「ユーザ名」と「入れ替え日付」を弊社サーバーに
   送信する様にした。なお、取得する情報は、更新状況を把握するための目的に限定しており、
   「ユーザ名」と「入れ替え時間」の2点で、上記の目的以外には使用しない事を誓約いたします。
   事前に、ご了承いただくようお願いします。

   *現時点でデータの送受信を行うプログラムや機能は「DenTechOA入れ替えツール」と
     「バックアップ・運用保守」-「調査のためにアイティエス九州に送信」、「ファイル受信」、
     「入れ替えツールの更新」の3ボタンです。



 ⇒旧Verでご利用中の方は、「プログラム」と「印刷フォーム」共に入れ替えが必要です。
  入れ替えの際は、今回のバージョンに限り、必ず以下の手順で操作してください。
  (手順1~初回だけ)
   「バックアップ・運用保守」-「DenTechOAシステム入れ替え」ボタンで入れ替えツールを起動する。
   「最新Verの取得」ボタンで「プログラム」を入れ替える。
   システム入れ替え後は、一旦、「DenTechOAに戻る」ボタンで「DenTechOA」メニュー画面に戻る。
   「DenTechOA」メニュー画面で新バージョン(Ver1.0.2.4)を確認する。
  (手順2~初回だけ)
   「バックアップ・運用保守」-「入れ替えツールの更新」ボタンで、入れ替えツールを更新する。
   《以上の操作は初回の1度だけ必要です》

  (手順3~通常の入れ替え操作手順)
   「バックアップ・運用保守」-「DenTechOAシステム入れ替え」ボタンで入れ替えツールを起動し、
   「最新Verの取得」ボタンで「プログラム」を(2回目です)、「最新印刷フォームの取得」ボタンで
   「印刷フォーム」を入れ替える。「DenTechOAに戻る」ボタンで「DenTechOA」メニュー画面に戻る。
   《以上で、作業終了です。》

1.0.2.32013/02/26
(1)合計請求書(明細付き)・合計請求書(鑑)の印刷時の「xxxx年xx月分(xx日締め)」部分の
   月表示が1ヵ月ずれる場合があるバグを修正。
(2)納品書関連の「納入前預かり材料先行使用のご報告」で検索期間に誤りがあり表示されない場合が
   あるバグを修正。
(3)請求書・合計請求書の構成受注伝票を修正した時は、関連する使用材料や請求額の変更も自動で
   行っていたが、「入金・残高管理」に登録済みの請求額の修正ができていなかったバグを修正。
(4)セット日、セット時間の追加により、納品書の「部位」欄下方に「セット日時: yyyy/mm/dd hh:mm」を
   印字(「帳票サンプル」タブを参照)する様に変更。セット日時の設定が無い受注伝票は従来通り。
(5)A4縦に4枚綴りの納品書を印刷するフォームを追加した。(「帳票サンプル」タブを参照)
   印刷後4枚にカットする必要がある。技工物に添付して出荷する目的での利用を想定。
(6)「入金・残高管理」と「材料在庫管理」で「削除」ボタンを追加。
   ユーザが登録した「入金・調整・値引」や「補充・調整・返却」行を削除出来るようにした。

(7)「DenTechOAシステム入れ替えツール」でQRコードに関するシステムライブラリの追加を行う修正。
   【バージョンアップの前に必ず以下の操作を行って下さい】
   「バックアップ・運用保守」から「入れ替えツールの更新」ボタンで「入れ替えツール」を更新する。
   入れ替え後、「DenTechOAシステム入れ替え」ボタンで「入れ替えツール」を起動し、
   タイトルバーで新バーション Ver1.0.0.3 を確認する。
   その後、通常のバージョンアップ操作を行う
 
(8)「納品書・請求書・合計請求書管理」画面を追加し、伝票管理の仕組みを変更した。 また、関連する
   「伝票管理」(名称変更)と「受注入力」の画面を変更。
   この変更に伴い振込先金融機関の設定を「顧客情報管理」で行うように変更。
    ⇒使用前に医院(顧客)毎に設定を行ってください。
1.0.2.22013/1/23 (1)「納品・請求・製品管理」で伝票を抽出表示するとき、年度末月の締め日以降の伝票が表示されない
   バグを修正した。
   例:締日が20日で年度末月(例:12月)の時12月21日~31日に作成された伝票が表示されない。
   顧客毎の当日請求範囲(納入日基準)の「表示する」ボタンでは表示される。
(2)「納品・請求・製品管理」および「受注入力」で伝票を削除するとき、年度末月の締め日以降の伝票で
   使用されている、「材料」・「預かり材料」が利用履歴から削除されないバグを修正した。
(3)「納品・請求・製品管理」で請求書・合計請求書印刷時に振込先金融機関が正しく印刷されない
   (Ver1.0.2.0以降に金融機関の設定変更がある場合に限り)バグを修正した。
(4)年度が切り替わる時で締日が末日でない場合、納品書印刷時に預かり金属などの残量が正しく
   印刷されない。また、受注伝票入力時の表示材料の残量表示が正しくないバグを修正した。
(5)前年度の納品書印刷時に預かり金属などの残量が正しく印刷されない、また、
   前年度の合計請求書で繰越残、入金、調整の金額が正しく印刷・表示されないバグを修正した。
(6)「受注入力」画面のサイズを変更。 ⇒750ドットに縮小(1366×768ドットに収まる様に)。

     *日付の管理についてはこちらを参照願います。

(7)「DenTechOAシステム入れ替えツール」でボタンの2度押しを防止する処理を追加した。
   「バックアップ・運用保守」から「入れ替えツールの更新」ボタンで更新する
    更新後、タイトルバーで更新後バーション Ver1.0.0.2 を確認


Verリリース変更内容
1.0.2.02012/12/19 (1)「顧客情報管理」に「担当医リスト」タブを設け、医院ごとの担当医を設定できるようにした。
(2)「受注入力」で「担当医」、「セット日」、「セット時間」を入力できるようにした。
(3)「受注入力」で技工製品に添付して納品する目的の「添付シール印刷」機能を追加した。
(4)「顧客情報管理」の「請求情報管理」タブに医院別の振込先金融機関を登録出来るようにした。
   ⇒「納品・請求・製品管理」の医院(顧客)選択で「請求書設定」タブ内の振込先金融機関をセット
(5)「技工料・材料マスタ管理」の「技工料・材料マスタのコピー」タブの処理で複数のコピー先を設定しても
  1顧客しかコピーされないバグの修正
(6)「受注入力」の「本日作成伝票」を開き、更に修正の更新を行うときエラーになる事がるバグの修正
   ⇒「本日作成伝票」中に複数の顧客があり移動ボタンで移動した後、更新すると発生する。
1.0.1.82012/11/27 (1)「受注入力・技工録作成」画面を「受注入力」とし、「技工録管理」と「画像管理」を分離した。
(2)「技工録管理」、「画像管理」は「納品・請求・製品管理」から行うように変更し、それぞれ機能を強化。
(3)「受注入力」で動作設定情報を記憶できるようにした。
(4)「技工録管理」で同日作成伝票の一覧を表示・更新できるようにした。
(5)「画像管理」でで同日作成伝票の一覧を表示・更新できるようにした。
   画像の縮小機能(640ピクセル、1280ピクセル)と削除機能を追加した。
   外部の画像編集ツールで画像を編集できるようにした。
1.0.1.72012/11/10 (1)「納品書」の合計明細欄(帳票下部)を「税別計」「消費税」「合計」と3段で表示する様に変更。
  従来は「合計」「消費税」の2段でしたが、ご要望があり変更。
(2)一部の帳票(納品書・請求書など)で、帳票上に印刷される文言を変更できるようにした。
1.0.1.62012/10/17 (1)「納品・請求管理」で、納品書の補足資料「納入前 預かり材料先行使用のご報告」の印刷を
  従前の自動印刷から、手動で「印刷設定」タブで任意に選択し印刷する様に変更。詳細はこちらを参照。
(2)また、関連機能の指定期間の未納品/未請求伝票のチェックしガイド表示する機能については、
  受注伝票の抽出日付を以下の様に変更。詳細はこちらを参照。
   ⇒納品書印刷時は、受注日付を、
   ⇒請求書印刷時は、納品日付を抽出キーとした。
(3)「納品・請求管理」で「単一選択」モードで「選択」をチェックした時の処理を改善(処理速度)。
(4)「納品・請求管理」から受注伝票の「詳細」ボタンで「受注入力」画面を表示後、「終了」ボタン戻る
  インターフェース仕様を変更。 ⇒「詳細」ボタンの位置を保持。
1.0.1.52012/10/10 (1)納品書や請求書などで顧客名の敬称(「御中」や「様」など)が設定した敬称でなく
   「御中」に固定化されていたバグを修正。
1.0.1.42012/10/1 (1)「DenTechOA」システム入れ替えツールを更新(Ver1.0.0.1)。
  今回のバージョンアップから、Ver1.0.0.1を使用するため、
  本体のバージョンアップ前に本ツールを更新して下さい。
(2)合計請求書帳票を2種追加
  ・合計請求書(内訳あり)・・・内訳として、「自費」/「保険」/「材料」/「値引き」を印刷。
  ・合計請求書(鑑【総括】)・・・A5版横の帳票に印刷
     *さらに、任意で「自費請求明細書」、「保険請求明細書」を印刷可能。
     *「自費」/「保険」が混在した伝票がある場合は「自費」に分類される。
     *材料だけ伝票がある場合は「材料請求明細書」が印刷される。
(3)上記2項の対応に関連して「顧客情報管理」に顧客別に帳票選択ができる様にした
   また、印刷時点でも帳票を選択できる様、「納品・請求管理」の「印刷設定」タブに帳票選択を設けた
(4)合計請求書(今回追加した2様式を含め)の「繰越残」と「調整」の印字順を変更した。
   同時に「納品・請求管理」の「合計請求書の調整額」タブ内の表示順変更。
(5)今回から合計請求書の内訳を管理する事になったため、端数処理を以下のように変更
   従前は受注伝票の合計に対し丸め処理を行っていたのに対し、
   今回から受注伝票の各明細行に対し丸め処理を行う様に変更。
1.0.1.32012/09/15 (1)受注入力画面の材料(金属)の数量入力時に、
  従来は摩耗量計算を小数点以下2桁で計算していたが、小数点以下1桁に変更。
(2)帳票を2点追加。(メニューに「預かり票・使用明細表」ボタンが追加された。)
  ・預かり票(A5版)・・・医院毎の預かり材料、または特定の材料を指定し、
               指定期間内の「預かり」、「返却」を印刷
               *特定材料の臨時預かり処理の対応(「預かり」⇒「使用」⇒「返却」)も可能
  ・預かり票兼使用明細表(A4版)・・・医院毎の特定の材料を指定し、
               指定期間内の「患者使用」、「預かり」、「返却」を印刷
               自社の材料についても、同様に印刷可能
(3)上記2項の対応に関連して「材料在庫管理」の区分に「返却」を追加。
  「補充」「調整」「返却」「期首残量変更」の4区分となる。
(4)画面に表を表示した後、最終行を表示するように変更。
   ・「材料在庫管理」
   ・「納品・請求管理」
1.0.1.22012/07/14 (1)本日作成受注伝票一覧で医院(顧客)順の表示選択機能を追加。一覧印刷も同様。
(2)納品書印刷時に預かり材料の残量を備考欄に印刷しますが、当該納品書提出時に、
  同時期に受注したが納期が後になってしまった案件で、且つ、預かり材料を消費(数量を登録)している
  場合は、当該納品書の預かり材料の残量に欠落が生じます(先行消費の為)。
  この対応で、納品書の付加帳票として「納品前 預かり材料使用報告書」を追加。
  この報告書を必要に応じ、納品書に添付することで「預かり材料残量の欠落」の説明が出来ます。
(3)上記(2)項に関連して、納品書印刷時に、「納品書未作成」の受注伝票が、指定期間内に在る場合は
  「警告メッセージ」を表示。
  同時に、預かり材料の先行消費が在る場合は、氏名の右に預かり材料名/数量を表示し、
  納品書印刷後、続けて「納品前 預かり材料使用報告書」を自動的に印刷。
  請求書や合計請求書の印刷時は指定期間内に「未請求」の受注伝票があれば「警告メッセージ」を
  表示。
(4)上記(2)項に関連して、「納品・請求管理」画面で未納伝票(納品書が未作成の受注伝票)を
  「薄いグレーの背景」で表示する様にした。
1.0.1.12012/07/02 (1)合計請求書印刷時時に今回発生額の集計で小数点以下の丸めでミスがありました。
  前回請求額と数円の誤差が発生する場合があります。
  調整額で調整できますが、この対応ができない場合はお問い合わせください。
(2)受注伝票集計時の丸め誤差を無くすため、受注伝票毎の合計額を端数処理する様に変更。
  「システム環境設定」-「システム設定」タブに、端数処理選択を追加
  選択肢は、「銀行家丸め」/「四捨五入」/「切り捨て」/「切り上げ」 の4種。
(3)納品、請求、合計請求書の明細行毎の「合計」欄に端数(例:1,234.5)を印字する様に変更。
  患者ごとの「計」欄は合計を加算後、指定により、丸めた値(例:1,234)で表示されます。
(4)長い顧客名(推奨全角20文字以内)の納品書、請求書、合計請求書で桁あふれを防止するため
  印字顧客名の長さに応じてフォントサイズの調整を行った。
1.0.1.02012/06/15 (1)前年対比付き「月別売上実績一覧表」の印刷機能を追加。CSV出力も選択できます。
  本プログラムの選択で、初期メニューに「集計・分析メニュー」枠を新たに追加。
(2)上記の追加に伴い「月」の範囲を「締日の翌日」~「締日」の間とするように変更した。
  例1:締日が20日の場合、例えば「6月」の対象となる範囲は5月21日~6月20日までとなります。
     ⇒従って、6月の売上実績は、5月21日~6月20日の間に入金された額が対象となります。
     ⇒また、開始月が「1月」で、年度が「2012年」の場合、
       期首年月日は「2011/12/21」、期末年月日は「2112/12/20」となります。
  例2:締日が末日の場合、「6月」の範囲は6月1日~6月30日までとなります。
*この件の解説は「歯科技工所ソフト「DenTechOA」の日付管理について」を参照してください。
(3)合計請求書の1枚目に印刷されていた「今回発生額」を税別とし、新たに「消費税」枠を追加した。
(4)納品書の摘要欄の随時更新が出来るように「設定」ボタンを追加した。この事により納品書作成後でも
  摘要の登録が出来るようになった。
(5)各画面のサイズを固定しマウスで変動できないようにした。また、画面の最大化(画面右上の”□”)を
  無効にした。
1.0.0.102012/05/17 (1)納品書、請求書、合計請求書で複数ページに渡る場合の改ページ印刷方式を変更。
(2)納品書、請求書、合計請求書、当日受注伝票一覧で「技工・製品名」の印字幅を拡大した。
(3)納品書、請求書、合計請求書で「会社名」の印字について印字会社名の長さに応じて
   フォントサイズの調整を行った。
(4)「材料在庫管理」で一部顧客(医院)の期首開始残量の更新ができないバグの対応。
1.0.0.92012/04/27 (1)「納品・請求管理」で複数ページに渡る納付書の印刷《A5横》で「プリンターが異常です」エラーと
   なる事がある。
(2)納付書《A5横》印刷フォームのフォントサイズを全般的に縮小、多くの受注伝票を印刷できるようにした。
(3)受注伝票一覧表の余白を再利用できるようにデータがない領域の罫線等を印刷しないようにしました。
   また、確認用帳票なので罫線も簡略化。
(4)請求書と合計請求書に印刷される「振込先」名義人等の印刷領域幅を拡張。
(5)請求書と合計請求書について、複数ページとなる時、2ページ目以降の印刷情報量を
   なるべく多く取るように変更。
(6)「請求書」と「合計請求書」は顧客毎にいづれかを選択して印刷しますが両方とも印刷できる様に
   なってたため、同じ受注伝票に対していづれか生成済(印刷済)であれば他方の選択が
   できないように変更。
1.0.0.82012/4/10 (1)「納品・請求管理」で納付書の印刷書式《A5横》を追加しました。
  既定値を《A5横》とし従来の《A4縦》は印刷設定タブから選択します。
  使用するには、本体システムをVer1.0.0.8にアップデート(下記)後、
  「バックアップ・運用保守」から「DenTechOAシステム入れ替え」ボタンで入れ替えツールを起動し
  「最新印刷フォームの取得」ボタンで印刷フォームを更新します。
(2)「納品・請求管理」で伝票を選択(一覧表の左端)したとき明細数を表示するようにした。
(3)「受注入力」画面に「本日作成伝票」の表示ボタン(先頭へ、上に、下に、最後へ)を追加。
   ⇒「開く」ボタンで指定伝票を表示した後、有効になります。
(4)「受注入力」で「本日作成伝票」の一覧印刷時に、備考欄への「メタル残量」印刷を選択できるようにした。
  既定値を印刷しないとしていますので印刷する場合は同画面右上の「動作設定」で行います。

(5)「バックアップ・運用保守」で「DenTechOAシステム入れ替え」ボタンと「入れ替えツールの更新」ボタンを
  追加しシステムの入れ替え操作をボタンから出来るようにしました。
  今後のアップデートは「バックアップ・運用保守」-「DenTechOAシステム入れ替え」ボタンで行えます。

*このバージョン(Ver1.0.0.8)で入れ替え操作がさらに簡単になりました。
 以下の手順で「DenTechOAシステム入れ替えツール」を組み込んでください。
  (1)本体システムを終了させます。
  (2)念のため、使用中のフォルダごと(例:C\DenTechOA)退避しておきます(別ドライブやUSBメモリ等へ)。
  (3)このサイトからDenTechOAシステム(Ver1.0.0.8)をダウンロードします。
  (4)ダウンロードしたシステムを解凍し、中にある「DenTechOA.exe」「SysUpdate.exe」
    稼働フォルダ(例:C\DenTechOA)にコピーします。ここまでで、組み込み完了です。

  (5)本体システムを起動し、メニュ-右下の最新Ver(ここでは、Ver1.0.0.8)の確認を行ってください。

   *注1:パソコンの設定(フォルダオプション)により拡張子「.exe」が表示されない事があります。
1.0.0.72012/4/1 (1)「納品・請求管理」で請求書・合計請求書を生成したとき、対象となる受注伝票の
   請求日付を表示するようにした。 この事により、未請求伝票の確認できるようになりました。
(2)「受注入力」の部位入力で「6⑥」等2文字連続入力が出来るようにした。
   (入力例:「6⑥」入力)「6」をクリック後「oo」ボタンをクリックし、「⑥」をクリックする。
(3)「受注入力」の数量入力パッドで「0.5」等の入力ができるようにした。
   (入力例:「0.5」入力)「0.」をクリック後「5」ボタンをクリックする。
(4)「顧客情報管理」で無効顧客を物理的に削除した時、関連する伝票や材料・請求残等も削除する。
   これは、存在しない顧客の情報が残る事によるエラーが発生するのを防ぐための変更です。
(5)「DenTechOAシステム入れ替えツール」をリリースしました。
   このツールで最新版のシステムや帳票フォームに更新する事が出来ます。
   入れ替えツールを使うには、本体システムを終了させ「SysUpdate.exe」を起動します。
   必要に応じてショートカットを画面上に作成しておくと便利です。
(6)「材料・在庫管理」の期首残量変更で小数点以下の数値が無視され登録していました。
(7)Ver1.0.0.6で、「納品・請求管理」の「伝票削除」でエラーが発生。トランザクション処理でミスがありました。

*【入れ替え手順】・・・このバージョンから最新版のシステムや帳票フォームをネット経由で更新する事が出来ます。 必要であれば以下の手順で「DenTechOAシステム入れ替えツール」を組み込んでください。
  (1)念のため使用中のフォルダごと(例:C\DenTechOA)退避しておきます(別ドライブやUSBメモリ等へ)。
  (2)システム(Ver1.0.0.7)をダウンロードします。
  (3)ダウンロードしたシステム(Ver1.0.0.7)を解凍し、中にある
    「SysUpdate.exe」を稼働フォルダ(例:C\DenTechOA)にコピーします。
  (4)必要に応じてショートカットを画面上(デスクトップ上)に作成しておきます。
  (5)本体システムは終了させた状態で、「SysUpdate.exe」を起動しシステムの入れ替えを行います。
   *注1:パソコンの設定(フォルダオプション)により拡張子「.exe」が表示されない事があります。
   *注2:Verの2桁目「1.0.x.x」までが同じ場合更新ができます。(データベースの構成が共通という意味)
1.0.0.62012/3/19 (1)「納品・請求管理」で多くの伝票を表示するため画面レイアウトを変更した。(若干横長に~)
(2)ファイルアクセスエラー時に、更新済レコードを元に戻す処理(トランザクション処理)を追加した。
   ⇒伝票更新や削除処理で対応。
(3)「受注入力・技工録作成」画面から、当日作成分の受注伝票一覧表を印刷できるように機能強化した。
1.0.0.52012/3/7 (1)郵便番号辞書が開けない。・・・一部設定ミスがあり開けなくなっていました。
(2)受注伝票の表示で数量の小数点以下が有効であるのに(例:2.1)、小数点以下を「0」と表示していた。
  数量の更新時(例:2.0=>2.1)は、正しく格納されていますが、表示で小数点以下が「0」となります。
(3)「納品・請求管理」で納付書を印刷する時、預かり金属残高が一部正しく印刷されない。
  削除した受注伝票の使用量を加算してしまうケースがあったため、これを修正しました。
(4)「納品・請求管理」で納付書、請求書、合計請求書の行を選択すると含まれる受注伝票を明示する。
(5)「バックアップ・保守運用」にDB(ファイル)の受信機能と最新プログラムの受信機能を追加。
1.0.0.42012/2/6 (1)「入金・残高管理」の期首残高変更処理で金額欄が未入力のまま登録を行うと、
  「納品・請求管理」で合計請求書を選択した時エラーになる
    【回避策】金額欄に必ず数値を入力してください。
(2)入金・残高管理の「年度更新」処理で残高が「0」のになった場合、
  「納品・請求管理」で合計請求書を選択した時エラーになる。
    【回避策】「入金・残高管理」の期首残高変更処理で金額欄に「0」を入力し登録(更新)してください。
(3)「納品・請求管理」で納付書・請求書・合計請求書を生成する際の件名を対象伝票の範囲番号とした。
(4)「納品・請求管理」で請求書・合計請求書を生成する際の納入日を請求日の前日を設定する様にした。
(5)「納品・請求管理」の一覧表示の並び順の「顧客名」を「納入日」に変更した。
(6)「バックアップ・運用ツール」に、DBを送信する機能を追加。障害調査や機能変更の対応で利用します。
1.0.0.32012/1/16 (1)「受注入力・技工録・画像管理」から新規に受注入力を行う際、
  明細行を1行も入力しないまま「登録・更新」ボタンで作成するとエラーになる。
(2)入金・残高管理の「年度更新」処理にミスがありました。
  翌年度処理時点で前年の「年度更新」が未処理のとき、当画面を開くとエラーになる。
(3)同じく、材料管理の「年度更新」処理にミスがありました。正しく年度更新ができない。
(4)材料管理の「基本材料マスタ」表示で使用されていない材料を表示していました。


Verリリース変更内容
1.0.0.22011/12/21 (1)受注入力画面の「上に移動」「下に移動」で合計額が合わなくなる。
    【回避策】単価または数量の再入力で正しく再計算されます。
(2)納付書、請求書、合計請求書の印刷途中で中断する障害がありました。原因は改ページ制御のミス。
(3)10ページ以上の納付書、請求書、合計請求書の印刷ができない。ページ数の判断ミスがありました。
1.0.0.12011/11/21 (1)二重起動を防止:本システムが二重に起動される事を防止しました。
(2)受注伝票入力時にキーボードから数量を入力すると「0.0」と表示される障害がありました。
(3)受注伝票単位の調整額(値引き)が印刷時に減算されずに加算されていました。
  合計額は正しく印刷されています。
1.0.0.02011/11/03 初版


|